CONCEPT

~Mode de vie simple シンプルな生き方~

それが私たちがモノづくりをしていくうえで常に大切にしているコンセプトです。

余計な機能やデザインをそぎ落とす事で、本当の使いやすさ、またその素材の持つ素晴らしさが

感じられると考えています。

スタジオクードルのコンセプト

 

studio coudreの制作するバッグは、表布は綿帆布の日本一の生産量を誇る

岡山で生産された「倉敷帆布」を使用。

自然素材のまま、昔ながらの織り方を守る事で日本的な暖かさが感じられる素材となっています。

 

内布は縫製道具をデザインモチーフにしたオリジナル生地を使用しています。

京都の職人により古くから伝わる染色技術「手捺染」でプリントしており、

手染めならではの風合いを感じていただけます。

 

残念ながら現在の日本の職人は、高齢化や量産志向に伴い衰退の道を辿っている現状があります。

しかしながら、今でも職人の手によって作られた味のある商品(素材)は

確かに存在しています。

私たちはそれらの技術を集結し、私たちなりの形でモノづくりをしていく事で

日本の素晴らしい技術を継承していければと考えます。

シンプルでありつつ、いつまでも飽きのこない味のある「Made in Japan」の商品を。

studio coudre(スタジオクードル)

 

PROFILE

studio coudre(スタジオ・クードル)「studio coudre」とは縫製工場という意味です。

私たちは夫婦二人で雑貨製品等の縫製加工を4年前に始めました。

そこで培った技術とノウハウを活かし、バッグのオリジナルブランドを立ち上げました。


小さい娘を育児しながら、日々の生活の中で感じる「あったらいいな・・・」を形にしています。

生地の選定から生産まで、全て国産にこだわったオリジナルバッグの制作・販売を行っています。

studio coudreについて